スポンサーリンク

⑧アベンジャーズ最強ヒーロー『マイティーソー/ダークワールド』マーベル時系列

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マイティーソー ダークワールド映画
@MAEVEL

マーベル映画『マイティー・ソー/ダークワールド』[時系列]

MCU映画作品目

マイティー・ソー

ダークワールド

マーベル「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」/予告編|MovieNEX
@MARVEL

マーベル映画『マイティー・ソー/ダークワールド』のあらすじ、登場キャラクターをご紹介します。

スポンサーリンク

マーベル映画『マイティー・ソー/ダークワールド』とは

2013年に公開されたマーベルコミックのヒーロー「マイティー・ソー」単独実写化2作品目です。

監督を務めたのはアラン・テイラ監督。海外ドラマ「LOST」「ザ・ホワイトハウス」などを手掛けたことで有名です。

マイティー・ソー/ダークワールドの世界興行収入は600億円を超え、映画批評家の間で「マーベル・ユニバースの映画で最高傑作ではないかもしれないが、ファンが期待したユーモアやアクションを提供している」言われている作品です。

マーベル映画『マイティー・ソー/ダークワールド』のあらすじ

惑星直列の影響によってアスガルドを含んだ9つの世界で混乱が起きてる。

地球も例外ではなく、ロンドンで原因不明の重力異常が発生していた。

ソーの恋人であるジェーンは、重力異常の調査中に謎の物質エーテル(リアリティ・ストーン)」を体内に取り込んでしまう。

5000年の眠りから目覚めたダークエルフマレキスは、エーテルの力を利用して宇宙を再び”永遠の闇”に戻そうと企む。

ソーはジェーンを母国アスガルドに避難させるが、マレキス率いるダークエルフの集団がアスガルドに襲いかかるのであった。

マイティー・ソー/ダークワールドの登場キャラクター

ソー/マイティー・ソー

クリス・ヘムズワース(声:三宅健太)

神々の国アスガルドの王子にして、雷の神。

戦いが好きで傲慢な性格であったが、次期国王として気持ちを入れ替え9つの世界の平和を守ろうとしている。

ロキ

トム・ヒドルソン(声:平川大輔)

ソーの義弟。

コズミックキューブ(スペース・ストーン)を利用し、地球を支配しようとした罪でアスガルドの地下牢に幽閉されている。

ジェーン・フォスター

ナタリー・ポートマン(声:坂本真綾)

地球の宇宙物理学者であり、ソーの恋人。

謎の物質「エーテル(リアリティ・ストーン)」と一体化してしまう。

エリック・セルヴィグ

ステラン・スカルスガルド(声:金子由之)

ジェーンの父親代わりで、ソーの友人でもある地球の天文物理学者。

ヘイムダル

イドリス・エルバ(声:斉藤次郎)

アスガルドの戦士。

全てを見通す眼を持ち、虹の橋をかけるビフレストの天文台の番人。

オーディン

アンソニー・ホプキンス(声:浦山迅)

ソーの父親にして、アスガルドの王。

マレキス

クリストファー・エクルストン(声:相沢まさき)

ダークエルフの国「スヴァルトアールヴヘイム」の王。

アスガルドの戦いに敗れ、5000年の眠りについていた。

アルグリム / カース

アドウェール・アキノエ=アグバエ

マレキスに忠実なダークエルフに戦士。

魔法の石の力により「闇魔法戦士カース」に変身する。

マイティー・ソー/ダークワールドの豆知識

オーディンの部屋

アスガルドの王宮オーディンの部屋は、イギリスのシェパートン・スタジオで組まれたもの。

このスタジオは「スターウォーズ」やその他MCU映画でもしようされている有名なスタジオ。

ジェーンの写真は本物!?

ジェーンの部屋に飾られている写真はナタリー・ポートマン本人のもの。

「こういう時のために」と母親が保管しておいたものらしい。

ウインター・ソルジャーと同時期の出来事!?

この作品は「キャプテン・アメリカ/ウインター・ソルジャー」と時間軸が並行している設定。

ダーシーがシールドに電話をかけたが繋がらなかったのも頷ける。

スヴァルトアールヴヘイム

スヴァルトアールヴヘイムのロケ地は、アイスランドの僻地(常時マイナス5度以下)。

そこにはロキのカフェというお店があり、店員の名前はソーだった。

燃える世界

ソーとマレキスが世界をまたがって戦った時の国の一つが「ムスペルヘイム」。

炎の巨人スルトの故郷。

マーベルの父スタンリーはどこ

セルヴィグが入院した病院に入院する老人役で登場しています。

マイティー・ソー/ダークワールドのエンドクレジット

アスガルドの戦士「シフ」「ヴォルスタッグ」はコレクターの名で知られる「タニリーア・ティヴァン」のもとを訪れる。

彼らはコレクターに「エーテル(リアリティ・ストーン)」の保管を頼むのであった。

アスガルド人が去った後、コレクターは「これでひとつ、残り5つ」と意味深に呟くのであった。

まとめ

以上が、『マイティー・ソー/ダークワールド』についてまとめた記事でした。

次の作品は『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました